2019年度修了式を終えて
修了生のみなさん。保護者の皆様卒業おめでとうございます。
2019年度の修了は最後たくさんサッカーを楽しませてあげることが残念ながら出来ませんでした。世の中が大変な時期に卒業、ジュニアカテゴリー修了となりましたがここまで来るまでに選手たちとは内容かなり濃く一緒に過ごさせて頂きましたので指導者としては満足しております。選手のみなさん、保護者の皆様は満足いくチーム運営ではなかったかと思います。色々な不備もありご迷惑おかけしました。そして、そんな心もとない監督を支えて下さりありがとうございました。足元も上手、サッカー理解も早くとても楽しく指導させて頂きました。2020年に入り彼らに任せて極力コーチングをせず、考えるサッカーをしてもらいました。戦術、ポジショニング、修正、本当に理解が早く任せて安心。ある程度の試合は自分たちで戦えるように成長しました。人間的にもとても良い子が多く苦労する事はほとんどありませんでした。その分少しおとなしいイメージがあります。中学、高校と進むにつれてサッカーは声を出し互いにコミュニケーションを図るスポーツです。彼らがもっと弾けて感情を押し出し表現できるようになる事を望んでおります。はては社会に出た時サッカーで培ったコミュニケ―ション能力は必ず役立つと思っております。卒業後OBとしてまたスクール生として沢山顔を出してくれて自己表現が出来るようになった姿を見せに帰って来てくれる事を切に望みます。これから思春期に入り沢山の誘惑や壁が必ず来ます。一緒に覚え知った楽しいサッカーをずっと続けて下さい。そこには保護者の皆様のサポートが必ず必要になってきます。一緒に乗り越え生涯スポーツとして、また、高校サッカー、プロサッカー選手として大成してくれましたら指導者として幸いです。それだけでなくサッカーを通して出あった仲間たちと一生の付き合いが出来たらどれほど嬉しいでしょうか。人生でひとつ何よりも好きな事があることは幸せです。長く、長く、サッカーというスポーツを好きでいてくれる事を望みまして挨拶とさせて頂きます。指導しやすい環境を提供して下さった保護者の皆さま。チームが勝つことが出来ない時でも暖かい、長い目で見て頂きました保護者さま。ありがとうございました。修了生たち沢山の楽しみと笑いをくれありがとうございました。
                                               FCレガーラ代表 深井宏明
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
totop